Palette

「パレット(Palette)」はNFTに特化した自社開発のブロックチェーンで、デジタルコンテンツを発行・管理・流通することができます。ユーザーはデジタルアイテムの所有権の移転及びアプリケーションでの活⽤を⾃由に⾏うことができます。

SCROLL

NEWS

    FEATURE

    Paletteの3つの特徴

    コンセンサスノードによるガバナンス

    コンテンツホルダー自身もコンセンサスノードとなることでルールメイクに参加することができます。

    クロスチェーン対応

    Ethereumをはじめとした複数のブロックチェーンと相互運用が可能です。

    手数料の安定化・低価格化

    独自の手数料設計により、ユーザーのガスレス設計、手数料の安定化・低価格化を実現します。

    PLT

    2021年7月にパレットトークン、NFTに特化したプロジェクトとして国内初IEOを実施した暗号資産。パレットチェーン上ではガス手数料の支払いに暗号資産であるパレットトークン(Palette Token, PLT)が使用されます。パレットトークンはEthereum上で発行され、クロスチェーン技術を用いてパレットチェーン上でも利用することができます。

    NFTマーケットプレイス
    “PLT Place”とは?

    PLT Placeは、NFT販売を成功へと導くプラットフォームです。出品準備から出品までのサポートだけでなく、コミュニティ形成や販売拡大に向けたサポートを実施いたします。PLT Placeでは、クレジットカード決済、SNSログイン、クロスチェーン、ウォレット連携など、ユーザーがスムーズに購入できる機能も備えております。

    PLTウォレット

    NFTと暗号資産を管理することができるウォレットです。パレットトークン (PLT) をパレットとイーサリアムとの間で自由に移動することができる、クロスチェーン機能を実装しています。ウォレットで保有しているPLTをアプリ上でステーキングに利用することも可能です。
    HOW TO:
    使用方法についてはこちらをご覧ください。

    PaletteScan

    パレットチェーン上のウォレット情報や取引履歴、またブロックの生成状況やパレットチェーンで発行されたNFTなどを確認することができるエクスプローラー。

    PaletteSDK

    NFTを活用したゲームなど、よりオリジナルなアプリケーションを構築するためのSDKを提供しております。